×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青汁を選ぶなら!健康に青汁、ダイエットに青汁、おいしい青汁で健康生活!

WEB通販☆まい♪SHOP

野菜不足にダイエットに、おいしい青汁

青汁って???
〜〜〜☆
野菜不足の解消には青汁
タイトルは「おいしい青汁」ですが、青汁はまずいというのはみなさんもうご存知ですよね(笑)
青汁は、生の緑黄色野菜をすりつぶして搾ったしぼり汁ですから、まずくて当然です。
ではなぜ、そんなまずい青汁を、多くの人が飲み続けているのでしょう。

青汁を飲みはじめたきっかけは、人それぞれで違うと思いますが、多くの方の意見を聞くと、青汁が健康にはとてもいいというのが分かります。
ひとくちに青汁といっても、使われる原料や含まれる栄養素によって、その効果は様々です。

青汁に含まれる一般的な栄養素としては、ビタミンA、ビタミンC、β-カロチン、食物繊維、カルシウム、葉緑素など、青汁は他の健康食品と比べても非常に優れています。

また、青汁は生野菜の栄養素がぎっしり詰まった食品ですから、他の健康食品では行えない、野菜不足の解消には最高の健康食と言えるでしょう。


野菜不足になるとどうなりますか?
野菜には身体の体調を整える成分が沢山含まれていて、野菜不足によって体に必要な栄養成分が確保できなくなると、様々な部分に影響が現れてしまいます。

例えば、野菜に多く含まれるカリウムが不足するとナトリウム(塩分)の排泄が困難となり、高血圧の原因になりますし、食物繊維が不足すると便秘になりやすく、体内の有害物質を排泄できない状態になってしまいます。

コレステロール、中性脂肪、血糖値を正常に戻すことが困難になる、皮膚がカサカサになる、満腹感が得られず糖質、脂質の量が増えてしまうなど、野菜不足による体への影響はとても大きのです。

このようなことにならないためにも日頃から野菜を積極的に摂るようにしたいものです。


青汁の代表的な栄養成分 効果・効能
ビタミンA 肌荒れや眼の疲労の予防、抗がん・老化防止の作用がある栄養成分です。
β-カロチンは体内でビタミンAに変わります。
ビタミンC 抗酸化作用、免疫力の強化、抗ガン作用などさまざまな働きがあります。
美肌作りや、ストレス対策にもかかせない栄養成分です。
カルシウム 骨粗しょう症予防、血圧やコレステロールを下げる、イライラを防ぐなどの働きがある栄養成分です。
カリウム 不足すると脱力感や不整脈を引き起こします。
生活習慣病の予防や、利尿作用などの効果もあります。
マグネシウム 心臓病や高血圧を防いだり、血中コレステロールを減らす作用がある栄養成分です。
不足すると骨粗鬆症を引き起こす原因にもなります。
女性に多い貧血を予防します。
冷え性や抵抗力の改善にも効果があります。
食物繊維 便通をよくするのはもちろん、コレステロールの上昇を抑制したり、腸内の善玉菌を増やす働きもあります。
葉緑素 コレステロールを低下させ、血液をさらさらにする効果や、ガンの抑制、ダイオキシンの排出などさまざまな働きがあります。
抗酸化物質 青汁の原料によって抗酸化物質の種類は異なってきますが、どれにも体に有害な「活性酸素」を抑制することにより、ガンやさまざまな病気を予防し、老化を防いでくれる働きがあります。


青汁には食物繊維が豊富
青汁は便秘に良いことでも知られています。
確かに青汁を飲んで便秘が治ったという体験談は非常に多いです。
それではなぜ青汁が便秘に効果があるのでしょうか?

青汁には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維というのは消化液で分解されない繊維質のことで、野菜や果物、海藻類などに多く含まれています。
食物繊維には便が腸管を通過する時間を短縮し、便の量を増やし、柔らかい排出しやすい便にする働きがあります。

食物繊維が不足すると、便が硬くコチコチになり、便秘を引き起こしてしまいます。
現代の日本人の食物繊維摂取量はどんどん減ってきているので、意識して積極的に食物繊維を摂る必要があります。

女性には非常に多い便秘ですが、便秘は肌荒れや大腸ガンの原因にもなりますので、早めに解消したいものですね。

ほとんどの青汁製品に食物繊維が含まれていますが、特に便秘が気になる人には、食物繊維がより強化されたタイプの青汁もあるので、試してみると良いでしょう。


青汁ってやっぱりまずいの?
青汁はまずいと思っている方は多いと思います。
有名なCMでもそう言ってましたし、実際、青汁はおいしいとは言えません。
中にはおいしいと言って飲み続けている方もいるようですが、飲みにくいのが普通です。

ただ、最近は飲みやすいように抹茶などの味に加工されている商品もありますし、以前青汁を飲んだけどまずくて続けられなかった、という方は飲みやすいタイプの青汁を選んでみてはどうでしょう。


青汁を美味しく飲むには?
青汁は豆乳との相性がよく、豆乳に混ぜて飲むという方もたくさんいます。

豆乳には最近話題の栄養素「大豆イソフラボン」も含まれていますので、青汁と豆乳の組み合わせは最強ですね。


青汁の比較
原料 特徴 成分
ケール 最も代表的な青汁の原料。キャベツの原種ともいわれています。 ビタミン・ミネラルの栄養バランスが優れており、ビタミンA、B1、B2、C、食物繊維、カルシウム、リン、カリウムが特に豊富。
また血栓予防・解毒酵素の活性化や殺菌作用のある「イソシオシアナート」、抗酸化物質である「メラトニン」、抗癌作用のあるインドール化合物なども含まれている。
かなり青臭く、クセがある。
大麦青葉 大麦が20〜30センチに成長した若葉。ケールの次に青汁の原料に良く使われています。 ビタミンB1、ビタミンC、ベータカロチンなどのビタミン類や、カルシウム、亜鉛、マグネシウム、鉄などのミネラル類、食物繊維が非常に豊富。
「活性酸素」を抑制するSOD酵素や、GIV(グルコシルイソビテキシン)も含有。
ケールと比較すると少し飲みやすい。
いぐさ 畳の原料として知られていますが、最近青汁の材料としても注目されています。 食物繊維がレタスの40倍と群を抜いて多いのが特徴。
また抗酸化物質であるポリフェノール類も赤ワインの30倍含まれているといわれている。
ビタミン・ミネラル類も豊富。
ケールより比較的飲みやすい。
桑の葉 漢方薬の原料として昔から使われています。 食物繊維やカルシウム、鉄、カリウム・マグネシウムなどのミネラル類やフラボノイド類が非常に豊富。
特有の成分であるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)には血糖値の上昇を抑制する作用があり、糖尿病予防や低インシュリンダイエットに効果がある。
抹茶の味に近く、比較的飲みやすい。
明日葉 日本固有のセリ科の野菜です。 葉緑素、食物繊維、ビタミン、ミネラル類をバランスよく含む。
特有成分である「カルコン」には血圧を下げたり血栓を防いだりする効果や、さらには太ももやお尻につく脂肪の塊であるセルライトを解消する働きがあるといわれている。
セロリのような独特の苦味があるが、いろいろな料理に使いやすい味。
青汁を選ぶ
ケール青汁+食物繊維icon

ケール青汁+食物繊維

おなかの調子を整えたいけれど、食生活がかえられない方におすすめなのが「ケール青汁+食物繊維」です。
「ケール青汁+食物繊維」には食物繊維(難消化性デキストリン)が含まれているため、食生活で不足しがちな食物繊維が手軽にとれ、お腹の調子を整えるとともに、便通の改善に役立ちます。
ケールをまるごと乾燥・微粉砕した独自製法で、ケールがもつ豊富な栄養はそのまま、食物繊維がまるごととれる、くせがないおいしいドリンクを実現しました。

【原材料名】 水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、ケール末、ショ糖、麦芽糖、緑茶末、スピルリナ末
ケール青汁+食物繊維icon
明日葉青汁+キトサンicon

明日葉青汁+キトサン

栽培期間中、農薬を一切使用せず育てたビタミン・ミネラルなどの栄養成分をバランスよく含む明日葉に、コレステロールの吸収を抑え、血中コレステロールを低下させる働きのある動物性食物繊維のキトサンを配合。
抹茶と黒砂糖を加え、すっきりした味と上品な甘味の、飲みやすいドリンクに仕上げました。
毎日安心してお飲みいただけるよう、着色料や保存料などの食品添加物も一切使用していません。
コレステロール値が高めの方の食生活の改善に役立ちます。

【原材料名】 明日葉末、還元麦芽糖、キトサン、ショ糖、抹茶、黒砂糖、スピルリナ末、増粘多糖類 
明日葉青汁+キトサンicon
青汁+豆乳icon

青汁+豆乳

無調整豆乳に葉緑素や各種酵素を含む大麦若葉をミックス。
青臭さを抑えたマイルドな味で飲みやすい、ノンコレステロールの健康飲料です。
非遺伝子組み換え大豆を使用。合成保存料や着色料は使用していません。 ストレートでおいしくお召しあがれます。

【主要原材料】 大豆、よもぎエキス、ひまわり油、大麦若葉、貝Ca、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンD3 
【調整剤等】 砂糖、食塩、クエン酸Na、糊料(ジェランガム・キサンタンガム) ・遺伝子組み換え大豆不使用 ・着色料、合成保存料不使用
青汁+豆乳icon
青汁パウダーicon

青汁パウダー

葉緑素や各種酵素をはじめ、ビタミンやミネラルを豊富に含む天然のバランス食。
抹茶のようなマイルドな風味に仕上げた“飲みやすい”健康食品です。

【主要原材料】 大麦若葉、サンザシ、ショウガ、ケイヒ、ヤマイモ 
【調整剤等】 デキストリン、乳糖
青汁パウダーicon
食べる青汁・コエンザイムQ10

青汁コエンザイムQ10

青汁が体にいいのは知っているけど、青臭くてマズイから好きになれない。
舌触りがざらざらして、のどに残るのがイヤ!毎日は続けにくい・・・という声をよく耳にします。
まずいから飲みたくないと言われる青汁。 でも錠剤なら毎日続けられるのでは?
  ミネラルが豊富なだけでなく話題のSOD酵素も豊富に含まれている 「大麦若葉」 をベースに話題の注目成分 「コエンザイムQ10」 まで加えました。

【原料名】 大麦若葉末、還元麦芽水飴、モロヘイヤ末、結晶セルロース、明日葉末、オリゴ糖、パセリ末、グリセリン脂肪酸エステル、二酸化珪素、コエンザイムQ10
青汁コエンザイムQ10
菜善青汁

菜善青汁

還元麦芽糖で甘さを加え、抹茶の風味で更に美味しく仕上げました。
青汁の多くは食物繊維を謳っていますが、この菜善青汁の最大のセールスポイントは「醗酵乳酸カルシウム」を配合しているところです。
カルシウムは骨の成長を助け丈夫に維持する働き以外にも、痴呆防止、ストレス解消など、小さいお子様からご年配の方まで有効に働きます。
もちろん、契約農家で無農薬栽培され厳選された大麦若葉を原料としており、安全な食品としてお召し上がりいただけます。
菜善青汁
ヤーコン・桑の青汁

ヤーコン&桑の青汁

ヤーコンはフラクトオリゴ糖の王様と呼ばれ、世界の野菜の中で一番多く含まれています。
フラクトオリゴ糖は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌だけを選んで活性化し、悪玉菌や腐敗物質を抑制し、整腸作用・美容美肌効果・便秘の改善などに効果を発揮します。

桑の葉は、中国では古くから漢方として血液の流れを良くしたり、せき止めや喘息、滋養強壮に良いと言われています。
桑葉には、牛乳の約24倍のカルシウム、納豆の約15倍の鉄分が含まれており、ビタミン、ミネラル、食物繊維も非常に豊富です。

ヤーコン&桑の青汁
ベジボール 食べる青汁 3箱セット

ベジボール

青汁嫌いの声から誕生した「vegeball(ベジボール)」は、機能的に優れた働きを持つ「青汁」を美味しく摂取できるように、と開発されたお菓子感覚の「食べる青汁」です。
大麦若葉は、食物繊維、ビタミン・ミネラルなどの栄養素の宝庫です。
ベジボールにはその他にも、クロロフィル、カルシウム、ゴマ、大豆、シソが入っています。
おいしく食べやすくいつでもどこでも、しかも健康!を追求したベジボール、ぜひお試し下さい。
ベジボール 食べる青汁 3箱セット

桑抹茶ゴールド体感セット

桑の青汁“神仙桑抹茶ゴールド”は、お茶職人が『伝統 抹茶製法』を応用して作った今までにない青汁です。
主婦モニターさん20人中20人全員が、「これは青汁じゃなくて抹茶」と答えました。
お茶職人が伝統の抹茶製法で仕上げた自慢の味です。
青汁じゃなく“抹茶”だと思って飲んでいただけます。


高級羽根布団8点セット |