×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お肌のうるおい成分、ヒアルロン酸でプルプルお肌



ヒアルロン酸はなぜお肌にいいの?


特別価格¥2,100

鏡に映った自分の顔を見て、「タルミが気になる」「シワが増えた」とお嘆きの方も多いのでは?
コラーゲンやビタミンCだけを補給しても、お肌の保湿やハリが回復しないのはなぜでしょう?
それはお肌のうるおい成分、ヒアルロン酸が少なくなってきたからかもしれませんね。

お肌のうるおい成分、ヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類の一種で、眼球の硝子体(しようしたい)や関節液・臍帯(さいたい)・皮膚などに広く分布しています。
ヒアルロン酸は、多量の水と結合して粘りのあるゲル状となり、組織構造の維持や細菌・毒物の侵入防御などの役割りをします。

ヒアルロン酸とお肌の関係

ヒアルロン酸は、体内に存在するゼリー上の構造成分ですが、お肌のヒアルロン酸は、角質層、基底層、真皮層という構造の中で、一番大切な真皮層に多く含まれ、わずか1gで6リットルもの水分を保持します。
この保水力で細胞同士の隙間を埋めたり、関節では潤滑油になるのです。
赤ちゃんのプリプリ肌のワケは、ヒアルロン酸がたっぷりあるからです。
しかし・・・

身体に含まれるヒアルロン酸は、加齢とともに減少します。
ヒアルロン酸の量を、0〜20歳までを100とした場合、30歳までは70%、 50歳までは40%、60歳までには約25%まで減ってしまいます。

ヒアルロン酸が減ると、水分の保持が難しくなり、肌のシワが深くなったり、 シワ、たるみが目立ちはじめます。
お肌のタルミやシワの原因は、ヒアルロン酸の減少によるものっだったというわけです。
つまり、コラーゲンやビタミンCだけをいくら補給しても、肝心のヒアルロン酸が不足していては、お肌の保湿やハリはまず回復しません。 また、関節では、水分が不足するとスムーズな動きができなくなり、 痛みの原因にもなります。

ヒアルロン酸のパワー

+ヒアルロン酸は、身体のどの場所にいても保水性を保ちます。
+目薬には、ヒアルロン酸の仲間であるコンドロイチン硫酸が使われます。
+関節炎の激痛にもヒアルロン酸が注入されます。
+やけどの薬にも使われています。
+化粧品、健康食品などに重要な美容成分として使われています。

ヒアルロン酸を摂取するには?

ヒアルロン酸を積極的に食べて摂取したいところなのですが、ヒアルロン酸は、高分子なので、そのままでは、身体になかなか吸収されません。
そこで、ヒアルロン酸を低分子化することにより、 体内への吸収を高めた商品が注目されています。

飲む低分子ヒアルロン酸